家族婚を検討中のカップル必見!当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説!

当サイトは家族婚を検討中のカップル必見の、当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説しています。
これから家族のみのウェディングをしたいと考えているのであれば、ぜひ参考にして見てください。
家族のみの結婚式にかかる費用相場はどれくらいなのかも解説しています。
また家族のみのウェディングの準備はいつ頃から始めるべきなのかも説明しているサイトです。
アットホームな結婚式を成功させるために役立つ可能性があります。

家族婚を検討中のカップル必見!当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説!

家族婚をしたいけれど、分からないことが沢山あるという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には基礎知識からまず押さえておくことをお勧めします。
というのも近年家族婚を選ぶ人も増えていますが、まだこれ迄に参列した経験がないという人も多いからです。
実際に行ってみなくては理解しにくいことも多いと思われますが、後になって思っていたのと違ったということになっては困ります。
まずは情報収集から始めるべきです。

家族婚当日の流れとは?一般的なタイムスケジュールを確認しておこう

親族と一部の親友のみをゲストに招いて行う家族婚には、「挙式のみ」「披露宴のみ」「挙式と披露宴」の3つのスタイルがあります。
その中で「挙式と披露宴」を行う場合、一般的な結婚式と同じように、挙式の後に会食や披露宴を行いますが、具体的なスケジュールを見ていきます。
結婚式の当日は、カメラマンや司会者との打ち合わせが必要になった時のために3時間くらい前に新郎新婦が式場へ入ります。
2時間前には新婦はヘアメイクと着付けが始まり。
新郎は少し待機した後に自分の着付けを始めます。
挙式の1時間前には親族の支度が終わっているので、新郎新婦は控室に入って親族紹介をします。
挙式から30分後には写真を撮影します。
写真撮影を終えた後は会食が始まり、通常の式と同様お色直しやヘアチェンジをする場合は退席、会食がお開きになる前に両親への花束や手紙の贈呈、最後に新郎父・新郎挨拶で結びとなります。
家族婚の場合は式により挨拶やお色直しなどが省略されることもありますが、大きな流れは通常の式と同じとなります。

家族婚はどれくらいの人数で行うのが一般的?

ゲストを大勢招いておこなう華やかな結婚式をしないで、少人数で温もりの感じられるアットホームなウェディングをしたいという人もいるのではないでしょうか。
そのようなときに適しているのが家族婚で、一般的な規模の結婚式と比較すると少ない人数で出来るのが魅力です。
家族婚にどれくらいの数の人たちを招待するべきなのかは、明確に決まりがある訳ではありません。
それぞれのケースによって異なり、新郎新婦の家族構成により大きく変わってくることが考えられます。
とはいえ一般的には、30名以下くらいの規模で主に家族や親族を招待するケースを家族婚と呼ぶことが多いようです。
それぞれの会社によって様々な家族婚のプランが提供されていますが、中には6名で利用することの可能なものもあります。
これなら、新郎新婦と両家の親などを2名ずつ招待するのに適しています。
一方で30名を超える規模のプランが用意されている式場も存在しているので、自分たちに合ったものを選ぶことが可能です。

家族婚に友人を招待しても問題ない?

家族婚という言葉の響きから、招待するのは自分の家族や親族に限られるのではないかと考えている方も少なくありません。
そのために、仲の良い友人をどうしても自分の結婚式に招きたいと思っても、家族婚だから諦めなければならないのかとお悩みの方も見られます。
しかし、絶対に家族以外を呼んではいけないという決まりのあるものではありませんので、少人数での開催という範囲の中であれば親しい友人を招くことについては問題ないと考えて良いでしょう。
もちろん、かつて主流であった大人数での結婚式のように、大勢を招待することにはなりませんので、厳選しておくということは必要です。
家族同然のような付き合いがあるとか、とても長い間お互いのことをわかりあってきている親友など、新郎側と新婦側で、それぞれ1名もしくは2名程度であれば良いのではないでしょうか。
家族婚を行う場合の、参列者の上限人数を会場等の状況などと照らし合わせ、ぜひ参列してもらいたいという人は、ぜひ積極的に招きお祝いの席に参加してもらうというのも良いものです。

家族婚に親族や友人を招待する場合は両家のバランスを考慮しよう!

家族の絆をより深めることができる結婚式として、家族婚が人気を集めています。
基本的には家族のみを招待する式の形ですが、特に決まりは無いので中には親族や友人を招待するというケースもあります、そんな中で気にした方が良いポイントとしては、カップルで両家のバランスを取ると言うことです。
例えばごく近しい肉親の人数がバランスよく招待できないのは仕方がないですが、親族や友人の人数にあまりにも差ができてしまうとバランスが悪くなってしまいます。
招待したい人が多いのは良い事ですが、パートナーのことも考慮して人選をするのがポイントです。
これは、家族婚だけではなく一般的な披露宴でも同じことが言えます。
招待客の人数のバランスが取れないことで、式の準備をしている間にカップルが険悪なムードになったり口論になる事はよくあることです。
そうならないように、相手に配慮して決定をするのがポイントです。
良家のバランスをとるのは、パートナーへの愛情の証でもあります。

家族婚に関する情報サイト
家族婚のポイント

当サイトは家族婚を検討中のカップル必見の、当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説しています。これから家族のみのウェディングをしたいと考えているのであれば、ぜひ参考にして見てください。家族のみの結婚式にかかる費用相場はどれくらいなのかも解説しています。また家族のみのウェディングの準備はいつ頃から始めるべきなのかも説明しているサイトです。アットホームな結婚式を成功させるために役立つ可能性があります。

Search