家族婚を検討中のカップル必見!当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説!

当サイトは家族婚を検討中のカップル必見の、当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説しています。
これから家族のみのウェディングをしたいと考えているのであれば、ぜひ参考にして見てください。
家族のみの結婚式にかかる費用相場はどれくらいなのかも解説しています。
また家族のみのウェディングの準備はいつ頃から始めるべきなのかも説明しているサイトです。
アットホームな結婚式を成功させるために役立つ可能性があります。

家族婚を検討中のカップル必見!当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説!

家族婚をしたいけれど、分からないことが沢山あるという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には基礎知識からまず押さえておくことをお勧めします。
というのも近年家族婚を選ぶ人も増えていますが、まだこれ迄に参列した経験がないという人も多いからです。
実際に行ってみなくては理解しにくいことも多いと思われますが、後になって思っていたのと違ったということになっては困ります。
まずは情報収集から始めるべきです。

家族婚当日の流れとは?一般的なタイムスケジュールを確認しておこう

親族と一部の親友のみをゲストに招いて行う家族婚には、「挙式のみ」「披露宴のみ」「挙式と披露宴」の3つのスタイルがあります。
その中で「挙式と披露宴」を行う場合、一般的な結婚式と同じように、挙式の後に会食や披露宴を行いますが、具体的なスケジュールを見ていきます。
結婚式の当日は、カメラマンや司会者との打ち合わせが必要になった時のために3時間くらい前に新郎新婦が式場へ入ります。
2時間前には新婦はヘアメイクと着付けが始まり。
新郎は少し待機した後に自分の着付けを始めます。
挙式の1時間前には親族の支度が終わっているので、新郎新婦は控室に入って親族紹介をします。
挙式から30分後には写真を撮影します。
写真撮影を終えた後は会食が始まり、通常の式と同様お色直しやヘアチェンジをする場合は退席、会食がお開きになる前に両親への花束や手紙の贈呈、最後に新郎父・新郎挨拶で結びとなります。
家族婚の場合は式により挨拶やお色直しなどが省略されることもありますが、大きな流れは通常の式と同じとなります。

家族婚はどれくらいの人数で行うのが一般的?

ゲストを大勢招いておこなう華やかな結婚式をしないで、少人数で温もりの感じられるアットホームなウェディングをしたいという人もいるのではないでしょうか。
そのようなときに適しているのが家族婚で、一般的な規模の結婚式と比較すると少ない人数で出来るのが魅力です。
家族婚にどれくらいの数の人たちを招待するべきなのかは、明確に決まりがある訳ではありません。
それぞれのケースによって異なり、新郎新婦の家族構成により大きく変わってくることが考えられます。
とはいえ一般的には、30名以下くらいの規模で主に家族や親族を招待するケースを家族婚と呼ぶことが多いようです。
それぞれの会社によって様々な家族婚のプランが提供されていますが、中には6名で利用することの可能なものもあります。
これなら、新郎新婦と両家の親などを2名ずつ招待するのに適しています。
一方で30名を超える規模のプランが用意されている式場も存在しているので、自分たちに合ったものを選ぶことが可能です。

家族婚に友人を招待しても問題ない?

家族婚という言葉の響きから、招待するのは自分の家族や親族に限られるのではないかと考えている方も少なくありません。
そのために、仲の良い友人をどうしても自分の結婚式に招きたいと思っても、家族婚だから諦めなければならないのかとお悩みの方も見られます。
しかし、絶対に家族以外を呼んではいけないという決まりのあるものではありませんので、少人数での開催という範囲の中であれば親しい友人を招くことについては問題ないと考えて良いでしょう。
もちろん、かつて主流であった大人数での結婚式のように、大勢を招待することにはなりませんので、厳選しておくということは必要です。
家族同然のような付き合いがあるとか、とても長い間お互いのことをわかりあってきている親友など、新郎側と新婦側で、それぞれ1名もしくは2名程度であれば良いのではないでしょうか。
家族婚を行う場合の、参列者の上限人数を会場等の状況などと照らし合わせ、ぜひ参列してもらいたいという人は、ぜひ積極的に招きお祝いの席に参加してもらうというのも良いものです。

家族婚に親族や友人を招待する場合は両家のバランスを考慮しよう!

家族の絆をより深めることができる結婚式として、家族婚が人気を集めています。
基本的には家族のみを招待する式の形ですが、特に決まりは無いので中には親族や友人を招待するというケースもあります、そんな中で気にした方が良いポイントとしては、カップルで両家のバランスを取ると言うことです。
例えばごく近しい肉親の人数がバランスよく招待できないのは仕方がないですが、親族や友人の人数にあまりにも差ができてしまうとバランスが悪くなってしまいます。
招待したい人が多いのは良い事ですが、パートナーのことも考慮して人選をするのがポイントです。
これは、家族婚だけではなく一般的な披露宴でも同じことが言えます。
招待客の人数のバランスが取れないことで、式の準備をしている間にカップルが険悪なムードになったり口論になる事はよくあることです。
そうならないように、相手に配慮して決定をするのがポイントです。
良家のバランスをとるのは、パートナーへの愛情の証でもあります。

家族婚の会場選びで失敗しないポイント

家族婚をするときは基本的に小規模な結婚式になるので、会場選びが重要なポイントになってきます。余りにも大きなサイズの会場を用意する必要はありませんから、家族婚をしたい場合は各家庭の人数にあわせて会場を用意するのが大切です。家族婚で使用する会場によって料金にも違いがあるので、その点を意識したサービスの利用を心掛けていくのがコストを少なくするコツになります。
場のサイズも重要になりますが、料理などの部分にお金をかけたほうが素敵な結婚式になる可能性が高いです。家族婚をサポートしてくれる業者を利用すると、スムーズに会場選びなどをすることができますから、自力でやるのが難しい場合は最初から業者に相談をするのが大切になります。適切なアドバイスを聞くことができれば、一生の中でも重要となる結婚のイベントを失敗せずに済みますし、家族で一緒に素敵な思い出を残すことができる筈です。用意できる予算を決めておくと業者に相談するときに、スムーズに話が進むと考えられます。

家族婚でお色直しをする際の注意点

少人数で行う家族婚であっても、通常の結婚式のようにお色直しをすることは可能ですが、家族婚などの少人数で行う結婚式は短時間で行われます。挙式の後に行われる食事会の時間は2時間から2時間半ほどで計画するのが一般的なので、その短い時間の間に新郎新婦が抜けてしまうとゲストに退屈感を与えてしまう恐れがあります。そのため、家族婚でお色直しをする場合は着替えやすさを重視するのがおすすめです。
例えば、ウェディングドレスから和装へ着替える場合、30~40分ほどかかりますが、カラードレスなどのドレスであれば20~30分で済みます。さらに、和装から和装であれば15分ほどで着替えが完了します。したがって、基本的にはドレスからドレス、和装から和装といったように婚礼衣装のスタイルを統一することをおすすめします。また、食事会の間の着替えるのではなく挙式と食事会の間に着替るのもおすすめで、ゲストに退屈感を与えにくくすることが可能です。

家族婚に司会者は必要?司会者をつけるメリット・デメリット

少し前までは、ほとんど接触がない遠い親戚や一度も話したことがない上司たちを呼んで大きな結婚式を挙げるのが主流でしたが最近は、感染症の影響もあり小さな結婚式・家族婚を挙げる人が増えてきました。
家族婚は費用と体力を抑えることが出来ますので、とてもお勧めのスタイルです。では、家族婚であっても進行役や司会者は必要でしょうか?メリットから言うなら、司会者がいることで式全体が引き締まります。経験豊富な人であれば面白い中にも温かい結婚式になるように導いてくれます。デメリットとしては費用が発生するということです。有名な進行役であれば費用が高くなってしまいますし、忙しくてスケジュールがいっぱいで自分たちと予定が合わない、という場合があるということです。それで、メリットとデメリットをよく考えて決断を下すことは必要です。もし、プロをつけないというのであれば取り仕切るのが上手な友人に、進行役をお願いすることも出来ます。

家族婚におすすめのテーブル配置とは?

人が集まることが難しくなっている現代において、結婚式を諦めようかと考えているカップルもいるのではないでしょうか。結婚式は、一般的にホテルの会場で大人数を集めて行うことが多いですが、数年前から家族や親せきなど身内だけを集めて式をとり行いたいと思う人も増えています。
コロナ禍により、簡素化する目的や参加数を制限して感染を少なくしてリスクを減らすことができるからです。家族婚となると、テーブルの数にも限りがあるので、テーブル配置に悩む人もいるでしょう。家族婚では、小規模ということもあり、参列してもらう人も会社の上司や、祖父母、親戚、兄弟などが一般的です。会場の設営にあたっては、専門のスタッフやコンサルタントがアドバイスもしてくれるので安心です。テーブル配置については、上司や目上の人は、前列に着席してもらい、身内である親や兄弟は、後列で一番うしろのテーブルに着席されることが一般的です。わからないことは式場のスタッフに相談することが大事です。

家族婚でおすすめの演出をご紹介!

少し前までは、結婚式を挙げるとなるとこれまで会ったことがない親せき・話したことがない上司など200人以上を呼んで豪華に行うのが主流でしたが、今では簡素で小さな家族婚が注目を浴びています。
家族婚は、費用を抑えることが出来る上に親しい人だけですからリラックスした温かいムードであることが魅力です。では、家族婚でおすすめの演出は何でしょうか?一つは定番の両親への手紙と花束贈呈です。これまで、自分たちを一生懸命愛情をもって育ててくれた親へ感謝の気持ちを伝えることは重要ですので是非行いたいものです。花束の代わりに出生時と同じ体重のぬいぐるみを贈るのもおすすめです。ほかに出来る演出は新郎新婦とのピアノとギターのセッションです。簡単な曲であれば、ピアノやギターを触ったことがない方でも、ある程度練習すれば弾くことが出来ますので是非チャレンジしてみましょう。もし、歌が得意であれば歌で盛り上げることも出来ます。

近年人気の家族婚にも考えられるトラブルがあります

近年家族婚が人気を集めていますが、その背後にはさまざまなトラブルが潜んでいることがあります。
親族や友人たちと共に特別な日を祝う素晴らしい機会であり、予算を抑えつつアットホームな雰囲気を楽しむことができる魅力がありますが、その一方で以下のような問題が発生することもあるのです。
まず感情的な問題が発生することがあります。親や兄弟姉妹、友人との関係が複雑な場合、結婚式の計画や意見の相違によって争いが勃発することがあるでしょう。
これらの問題は関係が修復不可能になることもあるため、慎重なコミュニケーションが必要です。
予算の問題も一因となります。家族や友人と共同で費用を分担する場合、予算配分に不満が生じたり、支出が予想以上に膨らんだりすることがあります。
予算管理は事前に十分な検討が必要であり未然に防ぐためのスマートなアプローチが求められます。
家族婚では役割分担の調整が重要です。結婚式の計画や準備において、誰がどの役割を担当するかについての誤解や不一致が発生することがあります。
このような調整不足は、当日の円滑な進行に影響を及ぼす可能性があります。
家族婚でのトラブルは感情的な負担にもつながります。親しい人々との争いは、結婚式の楽しい思い出に陰りを落とすことがあり、新郎新婦にとってはストレスの原因となることがあります。

家族婚が人気を集めているのには理由があります

結婚式は一生に一度のことですから、新郎新婦がよく話し合って計画して式の後になってから「こうすればよかった」などと後悔がないようにしたいものですし、できるだけ大勢の親族や友人や知人たちに祝福されたいものです。
とはいうものの、大勢の人たちを招待するとなるとやはり費用が掛かってしまうのが現実です。
最近は家族婚も人気を集めているようですが、理由は何でしょうか?まずは、費用が掛からないということです。人数の規模やスタイルにもよりますが一般の結婚式がゲストが50人から80人ですと300万円から400万円近く必要ですが、家族婚は50万円以下であげることが出来るからです。
さらに別の理由としては、式のための準備に余分な体力や精神力を使わずに済むということです。
結婚式が終わったならそれで終わりではなく、新婚旅行や新居の片づけなどたくさんの業務がありますので体力や精神力を抑えることが出来る家族婚は、おすすめです。

家族婚の始まりは外国人が好むホームパーティーである

最近の若い世代は、冠婚葬祭の儀式を簡略化する傾向にあります。まず最初にその兆候が感じ取れたのが葬式であり、現代では親族のみしか列席をしない家族葬が主流となりました。
2010年以降はさらに冠婚シーンでも採用をされるようになり、家族婚という言葉を使われているわけです。
ここでは簡単に、家族婚の概要と起源についてご紹介をして行きます。まず日本が発祥というわけではなく、もともとはアメリカやイギリスといった外国人の間でなされるようになりました。
彼らは毎週のようにホームパーティーを自宅でなされていますが、ウエディングも自宅でするというのが一般的だったわけです。
ご馳走を用意して家族のみでお祝いをすることで、家族の絆を強められると考えたといえます。
そして国内に至っては家族婚だと余計なコストを必要としない点を受け入れており、レストランなどの小規模な施設を貸し切ってささやかなお祝いを実施するのが良いと思われています。

近しい家族だけで気軽に実施する家族婚がトレンド

かつて結婚式と言えば親戚縁者を集めて盛大に行うのが一般的でしたが、昨今ではライフスタイルの大きな変化から近しい家族だけで気軽に実施する家族婚を選択のがトレンドとなっています。
一般的な結婚式では会社の上司や親戚などに気を使い、挨拶回りだけでも披露するほか、席順やスピーチの順番なども頭を悩ませるところでした。
せっかく二人で幸せになることが目的だったにもかかわらず、それに追われることで心身ともに疲弊してしまっては本末転倒です。
人数が増えるに連れて食事代やお車代が加算されるほか、それを埋め合わせるためのご祝儀も昨今の情勢から目途が立たないのがほとんどです。
その一方で家族婚なら気心のしれた近しい家族のみで実施することから、誰にも気を使わなくて済むのはもちろんのこと、費用面でも大幅に抑えることができます。
マナーや風習、形式にも囚われることなく、新郎新婦にとって最も自分たちらしい素敵に式にすることが可能です。

家族婚でもドレスコードが必要であることを覚えておこう

家族婚でもドレスコードが必要です。親しい家族や友人たちが一堂に集まり、特別な瞬間を祝福する素晴らしい機会です。しかしこのような特別なイベントには、適切な服装が求められます。
まず第一にイベントの雰囲気を設定し、ゲストに一体感を感じさせます。例えば、フォーマルな家族婚では、男性はスーツやタキシード、女性はエレガントなドレスやパンツスーツを選びます。
これにより、イベントが特別なものであることを強調し、祝福の気持ちを高めます。
写真やビデオに残る瞬間を美しく演出する役割も果たします。ゲストがスマートな服装で揃えば、後で見返すときに、その瞬間がより特別に思い出されるでしょう。
ゲストにとっても便利です。何を着ていけばいいかわからない場合、明確なガイドラインがあれば安心です。
これによりゲストは当日の朝になって慌てることなく、準備を整えることができます。
主催者にとっても、会場やデコレーションとの一貫性を保つのに役立ちます。統一感が生まれイベントがより美しく調和したものになります。
つまり家族婚でもドレスコードは必要であり、その重要性はさまざまな面で示されます。ゲスト、主催者、そして記念に残る瞬間を美しく演出するために、適切な服装を選ぶことは、家族婚の成功に欠かせない要素と言えるでしょう。

家族婚に関する情報サイト
家族婚のポイント

当サイトは家族婚を検討中のカップル必見の、当日の流れ・費用相場・会場選びなどの基礎知識を解説しています。これから家族のみのウェディングをしたいと考えているのであれば、ぜひ参考にして見てください。家族のみの結婚式にかかる費用相場はどれくらいなのかも解説しています。また家族のみのウェディングの準備はいつ頃から始めるべきなのかも説明しているサイトです。アットホームな結婚式を成功させるために役立つ可能性があります。

Search